スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :

境界値分析とは

境界値分析とは、出力が同じになる入力をグループ化した値から、
隣接する境界の値をテストするテスト技法です。


スポンサーリンク


同値分割で得られた同値クラスの境界となる値をテストすることから、
同値分割とセットで活用すべきテスト技法と言えます。

それでは具体例を挙げましょう。

数字が入力できるテキストボックスがあると仮定します。
テキストボックスには、
1~100の値を入力可能、
0以下、101以上の値は入力不可

という仕様が定めれられているとします。
========================================================
境界値分析の解説1
========================================================
まずは、上図のように同値クラス分割法を使って同値クラスを抽出します。
結果、
有効同値クラス(1~100の値)
無効同値クラス(0以下の値、101以上の値)

となります。

続いて。
========================================================
境界値分析の解説2
========================================================
上図のように、同値クラス(有効同値、無効同値)の境界となる値を抽出します。
結果、
有効同値クラスの境界値(1, 100)
無効同値クラスの境界値(0, 101)

となります。

以上で、境界値分析のテストデータを抽出することができました。

境界値分析法は、テストの7大原則の「欠陥の偏在」にもとづいたテスト技法です。
モジュールの特定部分に欠陥(バグ)が集中するという経験則があり、
有効同値クラスと無効同値クラスの境界のように出力が変化する部分では
欠陥が集中するという特徴・傾向を利用したテスト技法なのです。


スポンサーサイト

スポンサーリンク

用語解説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

プロフィール

Pro4

Author:Pro4
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング

ランキングに参加しています!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。