スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :

テストの7大原則

テストを行う上で身につけておくべき心得が「テストの7大原則」です。
知っているのと知らないのとでは、テストに対する考え方、姿勢が違ってきますよ。


スポンサーリンク


その1:テストは欠陥があることしか示せない
テストを行うことで欠陥(バグ)があることは示せるが、
欠陥が無いことは示すことができないという原則です。
テストで全く欠陥が出ないからといって、必ずしもソフトウェア
の品質が確保されているとは限らないということです。

その2:全数テストは不可能
ソフトウェアの全ての状態や入力条件をテストすることは不可能だという原則です。
同値分割、境界値分析、組み合わせテストなどのテスト技法を用いて
テスト回数/工数を効果的に削減することがプロジェクト成功の鍵です。

その3:初期テスト
欠陥の修正コスト/工数は、ソフトウェア開発が進むに比例して膨大
になるため、なるべく初期段階からテストを行うべきだという原則です。
同じ欠陥でもテスト初期段階で発見した場合は修正コスト/工数は少しで済みますが、
製品出荷直前の工場ラインで発見された場合は、生産延期など深刻なダメージになります。

その4:欠陥の偏在
重大な欠陥の大部分は特定のモジュールに集中しているという原則です。
この原則にもとづいたテスト技法が境界値分析で、境界値を代表値として
テストすることでピンポイントで欠陥を発見することができます。

その5:殺虫剤のパラドックス
同じテストを繰り返すうちに、そのテストでは欠陥を発見できなくなるという原則です。
同値分割や境界値分析のみの偏ったテストだけではなく、大容量テストや
ストレステストなど、あらゆる角度からテストを行うことが品質向上の鍵となります。

その6:テストは条件次第
ソフトウェアの条件によって行うべきテストも変わる、という原則です。
これは「その2:全数テストは不可能」とも関連します。
発売済みの製品に欠陥が発見された場合、機能全般のテストより、
欠陥が発見された機能とその周辺機能を優先してテストしたほうが効率的なのです。

その7:「バグゼロ」の落とし穴
ソフトウェアが仕様を満たしていて欠陥が無い状態でも、ユーザーの要求をみたして
いなければ、品質の良いソフトウェアとは言えない、という原則です。
テレビのチャンネルを切り替える時、仕様どおりにチャンネルが切り替わったとしても、
映像/音声が出力されるまで10秒以上かかってしまっては使い勝手が悪いですよね。

スポンサーサイト

スポンサーリンク

ソフトウェアテスト : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

プロフィール

Pro4

Author:Pro4
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング

ランキングに参加しています!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。